アニマルコミュニケーション・ミニ講座③

<右脳は1000万ビット♪ >

前回のアニマルコミュニケーション・ミニ講座②のクイズにご参加いただき答えを考えて下さった方、ありがとうございました〜。💖

今回はアニマルコミュニケーションをしていく上で重要になる「右脳で受け取る情報の質 と 受け取るポイント」 について、そのクイズの答えに絡めて書かせていただきますね。


アニマルコミュニケーションで情報を受け取るのは「右脳と左脳の 入り口が違うんです」と書きましたが・・・・

私たちが普通に「言葉」を使っている時に優位に働いているのは左脳。
この左脳の持つ顕在意識の情報処理速度は、最高で毎秒40ビットと言われています。

これに対してイメージ脳である右脳の潜在意識は、なんと最高毎秒1000万ビットの超高速処理が可能なんですね。😵


何をお伝えしたいか言うと・・・。

左脳的言葉で「花」と言われた時に伝わる情報はどれだけありますか❓
花は花で、どんな花かは分かりませんよね。

では、イメージ右脳的に「🌹」から伝わる情報は・・・
    花、バラ、ピンク、巻き薔薇、茎がついている、絵文字・・・

それだけでなく、もしかしたら・・・
    美しい、愛、上品、好い香り、切り花、優しい、好き、恋・・・

もしかしたら・・・・
    虫がつく、とげがある・・・などなどなど

イメージ右脳からはコレだけ「豊か」な情報を受け取る「可能性」があるんです。


右脳で受け取る情報は「全体」が一瞬で伝達されるので、直感的に「ポン‼️」っとやってきます。

逆に「あーでもない、こーでもない・・・これかなぁ」と判断してひねり出した言葉は、左脳的なのです。💦


なので言語化されていない動物さんの気持ち(エネルギー)をアニマルコミュニケーションで直感的にキャッチするのには・・

正しい言葉を探すのではなく、五感全部を使って全身で感じる。
思考だけでなく、感情や体の感覚まで同時にただ受け取る

のが大切になります。


っと言うことで・・・
前置き長くなりましたが、先日のクイズの写真をもう一度見て、練習のつもりで情報を受け取ってみましょう🎵

分かりやすいように、一連の流れで撮った2枚の写真から見ていただきますね。
コレが一番右脳的な答えの紹介の仕方だと思うので〜。


ではまず、最初はこうで・・・



こうなって・・・



ではここでクイズの写真~



こうなりました~。✨


ポポポポポン❗️っと・・・

感じ取れましたでしょうか❓

おめでとうございます。💖
アニマルコミュニケーションの第一歩を踏み出しましたよ~。🎉


慣れればプロセスは瞬間に起こります。
だって右脳は1000万ビットだから~。🎵

まずリラックスして、楽しんで遊んでみて下さいね~。💖


この記事は2016年04月23日にアメーバ・ブログで公開した記事を加筆編集したものを再掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP