アニマルコミュニケーション・ミニ講座⑦

<クリーンなオーラでお話ししよう♪>

今までのお話で「動物さんの思考と感情のエネルギーをキャッチして翻訳する」のがアニマルコミュニケーションなんですよって言うのは、ご理解いただけたかと思います。

っで・・・

前回は、基本的に受け取るインスピレーションは「正しい」はずなんだけど、心の奥まで考えないと、翻訳の時に迷子になっちゃいますよーとご説明しました。

でもやっぱり・・・

残念ながら、インスピレーションを正しく受け取れない場合も、無い訳ではありません。💦


今回はその2つのパターンをご紹介します。



1つ目のパターンは、オーラの色眼鏡😎に染まってしまうパターン。

動物さんの思考と感情のエネルギーは、私たちのエネルギー・フィールド(オーラ)を通過して私たちのアンテナに受信されます。

私たちは常に自分のオーラを通して物を見たり感じたりしているので、そのエネルギー・フィールドが濁っていると・・・・

送られてくる思考と感情のエネルギーが、色付けされてしまうのです。😭


例えばコミュニケーターが、いつも不安でいっぱい💦😳💦な人だとします。
オーラは感情を映し出しますので、その人のオーラは不安色でどんより・・・

送られてくる純粋なエネルギーが、どんなに喜びに満ちたキラキラ✨なエネルギーだとしても、不安の影に染まってしまうのです。

怒りに満ちた人なら、怒れる色に・・・
悲しみに満ちた人なら、悲しみ色に・・・
不満に満ちた人なら、不満色に・・・

染まって感じてしまうのです。



2つ目のパターンは、オーラのバリアではじき飛ばしてしまう💨パターン。

例えば「愛される価値がない」と言う強い思い込みがある人は・・・・

どーんなに動物さんが「愛してる💖💖💖」のエネルギーを送ってきても、思考のバリアがエネルギーをはじき飛ばしてしまうので、愛のエネルギーその物が無いことになってしまうのです。

同様に「動物なんて餌と温かい寝床さえあれば満足なんだ」なんて思い込みがあれば、彼らの豊かな感情や思考は当然受け取れませんし・・・

「この子は抱っこが嫌い」と思えば、実は抱っこされて甘えたい心の奥は見えて来ない・・・

「動物には知性が無い」と思えば、彼らの叡智を知ることは無い。


自分の辞書にない物を、人は受け取ることができないのです。🙀



自分のことが一番見えていないと言われますので、これらの思考の癖や思い込みを見つけるのは、なかなか難しかったりしますが・・・

受け取った内容に偏りがあったり、芳しい結果が出ない場合は、その可能性を考えてみると良いかもしれません。

アニマルコミュニケーションが自分探しの切っ掛けになったりしてね。😹(経験あり💦)



でも❗️オーラが明るくクリーンであれば、動物さんの気持ちは、ちゃーんと受け取れるから大丈夫。👍

それは、幸せで、明るく、リラックスしている状態。✨

コミュニケーションをする時に「楽しんで🎵」下さいとお伝えしているのは、そんな理由からなんですね。


アニマルコミュニケーションの世界は、本当に素晴らしい世界。💞

ぜひチャレンジしてみて下さいね❗️





この記事は2016年04月にアメーバ・ブログで公開した記事を加筆編集したものを再掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP