「赤いリボンのモダニズム」ハイアーセルフの肖像

サイキックアートで描く ✨ハイアーセルフの肖像 50人展プロジェクト
描かせていただいたアートのご紹介です🎵



<No. 17>「赤いリボンのモダニズム」 I様の ハイアーセルフ




あなただけのエレガンスを表現して下さい

それは型に捕われなくていい
誰に認められなくてもいい

あなた自身の芯から湧きあがる物がある

新たなる道を切り開くのは楽しい
人が足を踏み入れてない道に足跡を付けて歩くのは喜び

勇気を出して

常識と言う名のコルセットを脱ぎ捨て
あなただけの内なる優雅さを生きて下さい


********************


<ハイアーセルフの意匠>

I様のハイアーセルフのテーマは「赤いリボンのモダニズム」です。

髪に飾られた赤いリボンは、I様の少女のような純粋さと同居する情熱的なパワーを象徴しており、カールしたショートヘアには、快活さと楽しむことが大好きな楽天的な明るさが現れています。

装いに華を添えるパールのネックレスは、困難をも美しさに変える創造性を、ゴールドのネックレスは周りに輝きを与える力を表現しています。

藍色のプレーンなセーターは、強い直感力と愛情深く誠実な様を表しています。

背景に描かれたアールデコ調の柄は、I様のシンプルで機能的な新しい美意識を象徴しています。


********************


アートをご覧いただいたI様からは、とてもきめ細やかな感想とフィードバックを頂戴しました。✨

パーソナルな内容を沢山お伝えくださりましたので詳細の掲載は控えますが、

「金髪じゃない、黒っぽい髪のひとが浮かんでいましたので、あまりに明るく美しくびっくりしました。」

「ハイアーセルフに包まれました。キラキラと頭上から降り注ぐように。」

「わたしは、良い仲間に、恵まれ愛に包まれています。目の前が明るくなりましたよ。
誠にありがとうございました。」


と言った感想をいただきました。💖


I様はとても献身的に他者に尽くされている方で、色々とお話しをお聞きしているうちに、、、

赤、青(藍)、白、は聖母マリアの*アトリビュートの色で、特に赤色は「神の慈愛を表す色」とされているのを思い出し、
私たちは気が付いていなくても、ちゃーんとハイアーセルフに繋がっているし、ちゃ〜んと本質を体現しながら生きてるのね〜と感動しました。🎵

それを意識しながら選択できるようになるだけで、より楽に本質を生きて行く事が出来るようになります。
そんな風にアートを活用していただけると嬉しいなと、改めて感じました。


純粋な少女の心と神の慈愛を輝かせる、I様のハイアーセルフ。
「赤いリボンのモダニズム」の光が、あなた様にも届きますように✨

I様、ご協力ありがとうございました〜。✨🎀🎀🎀✨


*アトリビュート
アトリビュート(英: attribute)は、西洋美術において伝説上・歴史上の人物または神話上の神と関連付けられた持ち物。その物の持ち主を特定する役割を果たす。持物(じぶつ)ともいう。(出典:ウィキペディア)



🌸サイキックアート エネルギーの肖像画 は、ハイアーセルフ、過去世、スピリットガイド様たちの肖像画を描くことで行うヒーリングです。詳しくお知りになりたい方はHPをご覧下さいね。
  サイキック・アート:トリプルラブ

🍀「人の中の仏を描く」のはYUKOの使命です。
ご紹介しております50人展プロジェクトのアートは、皆さまの内なる仏=ハイアーセルフの輝きを1人でも多くの方にご覧いただきたく、ご本人様の了解を得て公開を前提に描かせていただいております。
モデルの皆さま、ご協力をありがとうございます。✨
プロジェクトについてはこちらをご覧下さい。<ハイアーセルフの肖像 50人展プロジェクト>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP